指尖容積脈波

何を調べる検査ですか

指尖容積脈波検査の写真

赤外線を利用して、指先の血管(動脈)の状態や血液の流れ具合などを調べます。 標準検査(負荷なし)と負荷試験(寒冷負荷)があります。

どんなことをするのですか

《標準検査》

《寒冷負荷試験》

検査所要時間は?

測定個所および負荷の有無によって多少異なりますが約30~60分程度を予定しています。

どんな注意が必要ですか

測定部位によっては赤外線の光の透過に影響するマニキュア、ペティキュアなどの除去、あるいは湿布薬、バンソウコウ、時計、ネックレス、指輪などははずしていただく場合があります。