トレッドミル検査

何を調べる検査ですか

心臓に少し強めの負荷をかけることによって心臓の機能や運動耐応能を調べるものです。

どんなことをするのですか

トレッドミル検査の写真
  1. 肩、胸に心電図の電極を貼ります。
  2. 安静時の心電図記録、血圧測定を行ったあと運動します。
  3. 一定時間ごとにベルトの速度と傾斜を上げて、運動量をふやしていきます。
  4. 運動を終了して症状、心電図、血圧の回復状態を観察いたします。

検査所要時間は?

運動の出来具合にもよりますが30分程度を予定しています。

どんな注意が必要ですか

運動の終了の合図は心電図変化、血圧の異常値、運動到達目標、自覚症状などを元に医師が判断致しますが、あまり無理してがんばる必要はありません。 自覚症状が現れた場合には遠慮なくおっしゃってください。検査前にも「不安なこと」「体調が優れない」「足が痛い」などがありましたらお伝えください。