呼吸機能検査

肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きを調べる検査です。もっとも一般的な検査が肺活量の測定で、呼吸器疾患の重症度を調べたり、大きな手術の前に肺の働きをチェックするために行います。その他必要に応じて、下記のような検査が行われます。

ノーズクリップの写真 マウスピースの写真

大部分の肺機能検査ではマウスピース(写真左)をくわえて口で呼吸します。鼻はノーズクリップ(写真右)でつまみますので、鼻から呼吸することはできません。