残気量

何を調べる検査ですか

最大限に息をはき出しても、肺の中は空っぽにはならず、まだ空気が残っています。その残っている空気の量を調べる検査です。

体プレチスモグラフ法による残気量測定の写真

どんなことをするのですか

2種類の方法があります。通常体プレチスモグラフ法で検査を行いますが、場合によっては、さらに閉鎖回路法でも検査を行います。

《体プレチスモグラフ法》(写真上)

箱の中にはいって、普通の呼吸する検査です。時々息が吸いにくくなりますが、かまわず呼吸を続けて下さい。

閉鎖回路法による残気量測定の写真

《閉鎖回路法》(写真下)

普通の呼吸を続けるだけの検査です。

検査の所要時間は?

体プレチスモグラフ法:10分程度かかります。

閉鎖回路法:通常5~6分ですが、7~8分かかる場合もあります。

どんな注意が必要ですか