マウスピースの装着

マウスピースの写真 マウスピース

軽症の睡眠時無呼吸症候群ではCPAP療法が有効な場合もありますが、健康保険が適用されませんので医療費が高額となります。また重症あるいは中等症の睡眠時無呼吸症候群でも、CPAP療法が合わないために治療ができないことがあります。

そのような場合、睡眠中に舌が喉の奥に落ち込んで呼吸が止まってしまうのを防ぐために、マウスピースを装着する方法が有効です。これは患者にあわせたマウスピース(写真左)を作成し、上下の歯の間に固定して下顎を前方に引き出す(写真右)ものです。